読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映像占い師ブログ

映像サラリーマンで週末占い師 映画感想、映像化してみたい作品、多分役に立つ占い、パワースポットなどなどをお伝えします。

制作めし 『納豆もやしチャーハン』

制作めし

 

僕が所属している会社には立派なキッチンがあります。

結構深夜作業が続いており、コンビニ飯or深夜まで開いてる中華のループでしたが・・・

 

 

もう飽きた!!!

 

というわけで久々の自炊をします。

今回はチャーハン

でも、健康と栄養にも気にしようというわけで野菜

多めプラス納豆での納豆もやしチャーハン作ります。

 

食材

ピーマン

タマネギ

すりゴマ

納豆

もやし

ベーコン

全てナチュラローソンで購入

¥1,201

 

f:id:oita88:20160924233310j:plain

調味料、米、チャーハンの素は家と会社にあったものを適当に

 

手順は普通にチャーハンと同じです

油入れて、卵入れて

野菜炒めて

ベーコン炒めて

もやし入れて・・・

米入れて・・・

 

f:id:oita88:20160924232531j:image

てんこ盛り!

 

 

そこに納豆

f:id:oita88:20160924232601j:image

 

ひたすら炒める

最後にすりゴマ

f:id:oita88:20160924232608j:image

 

完成です

作成15分ぐらい

 

f:id:oita88:20160924232722j:image

 

味はまあ普通

もやしを入れすぎて水分ですぎてちょっとべちゃっとしたけど納豆いるからまあいいか

 

 

明日の朝用に残しとこうかと思ってましたが全て頂きました。

んー、節約・・・

 

というわけで今日もお泊りなので元気に仕事しまーす!

 

パワースポット 東京『東京大神宮』

パワースポット

東京五社のひとつ(日枝神社明治神宮靖國神社大國魂神社、東京大神宮

東京のお伊勢さんと言われてるようで、祀られている神さまにはメジャー中のメジャーアマテラスの神さまがいらっしゃるからそりゃすごいよというところ

 

成り立ち

江戸時代、伊勢神宮への参拝は人々の生涯かけての願いでした。明治の新国家が誕生すると、明治天皇のご裁断を仰ぎ、東京における伊勢神宮の遥拝殿として明 治13年に創建された当社は、最初日比谷の地に鎮座していたことから、世に「日比谷大神宮」と称されていました。関東大震災後の昭和3年に現在地に移って からは「飯田橋大神宮」と呼ばれ、戦後は社名を「東京大神宮」と改め今日に至っております。
 現在広く行われている神前結婚式は、当社の創始によるものであり、今も神前において伝統的な結婚の儀式を守り伝えております。

-東京大神宮HPより抜粋-

 

平日の朝一、早く起きたんで興味本位で行ってみました。

場所は飯田橋

オフィス街を抜けていくと、どん!と登場するのがこの神社の面白いところ

近所に住んでいるであろう人たちは必ず神社の前でお辞儀するのが印象的でした。

 

 

とにかくこの神社大人気の恋愛パワースポットであって、女子が多い!

もちろん恋愛だけではなく、家内安全・商売繁昌・厄除開運・交通安全・学業成就などにも効きます。日本の総大将みたいな神様がいるんだ 恋愛だけってのはおかしい

 

お参りに行ってみましたが、出勤前の朝だというのにいるはいるは女子たちが!

 

そんなに男性がいないのか

周りにはあふれているぐらいいるのに・・・と思いつつ、お参り

 

 

お参りのときに自分の願いを言う方がいると思いますが、

基本的には「わたしを正しい方向にお導きください」と願うといいです

 

たぶん自分がおもっているものとは違うなにかが来るとは思いますが、神目線だとそれがベストなんですかね

 

だいたい「わたしを正しい方向にお導きください」と願ったときにはそれなりの試練が現れるので神さま多分見てくれてるんじゃないでしょうか

 

あとちなみに自分の住んでいる住所と名前を言わないと願いを運ぶにもどこ行くかわからなくなるそうです。

必ず自分の詳細情報は教えましょう

 

しっかし、神様たちが保有している個人情報ってどんだけあるんだろう

管理難しいだろうな

 

とか色々考えているあいだにも女性たちが次々とお参りに来て、男だけでは居づらくなったのでそそくさと出勤しました。

 

男がひとりでウロチョロするのに居づらい神社なんて初めての経験ですよ

これ総本山の伊勢神宮はもっと居づらいのでは・・・

 

www.tokyodaijingu.or.jp

 f:id:oita88:20160923235031j:image

 

 

パワースポット 東京『小網神社』

パワースポット

数年前からハマり始めた神社仏閣パワースポット巡り

伊勢だとか奈良京都まで旅行する時間もお金もないない方にオススメの場所をご紹介します。都内にいる方は東京でぱぱっと運気を上げましょう。

 

まずご紹介したいたのは、勝手に師匠と呼ばせて頂いていますが、

占い師ゲッターズ飯田さんがオススメする東京のパワースポット『小網神社』

日本橋人形町の中間地点辺りにあるこの神社は「強運厄除の神さま」と崇められているようです。

しかも、こちらの神さま東京では珍しく昔からいらっしゃる神様だそうです。

 

成り立ち

 文正元年(西暦1466年)、悪疫が流行し、人々は困り果てていました。そんななか、網師の翁が海上で網にかかった稲穂を持って庵を訪れ、数 日間をこの庵で過ごしました。ある夜、庵の開基・恵心僧都が当時の庵主の夢枕にたち、網師の翁を稲荷大神と崇めれば、村の悪疫は消滅することを告げます。 夜が明け、網師翁の姿は庵にはありませんでしたが、庵主は恵心僧都の託宣を村人たちに告げ、翁を小網稲荷大明神と称え、神社を創建して日夜祈願をつづけま した。すると間もなく村の悪疫は鎮まり、村人たちは歓喜したといわれています。
-小網神社HPより抜粋-

 

東京大空襲・東京大震災の際は強運のおかげか神社には被害がほぼなかったそうです。

 

その強運ホント!?と思われている方がいると思いますが、

僕の体験としては小網神社をお参りに行った次の日に会社の面接時、その場で社長から採用されたというミラクルなことが起きました。

 

なのでいまは朝早く目覚めた時は、出勤前にここの神社にお参りしてから行きます。

 

 

恐らく東京で唯一神さまがいらっしゃるところなので日本橋散歩がてらに行くといいかもしれません。

本当に小さい神社なので見つけるのに苦労しますが・・・

でも、その苦労が吹き飛ぶようなものが頂けると思います。

 

www.koamijinja.or.jp

 

 f:id:oita88:20160922114321j:image

 

 

 

感想『君の名は。』

映画感想

傑作です。

運命変えちゃう系の作品だったので予告で誘導しようとしている流れとは全然違います!

でも、ヒントはすごく入ってる

歌とかセリフとか隕石とか

そもそも映画で隕石出てきたら、だいたい落ちてくるよ。

 

前作言の葉の庭が中編と短編を混ぜ込んだ作りになっていて、メジャーになってきたのに長編作る技量がないのではと思っていたら、過去作品たちとは大違い。

 

私的新海監督の作品の楽しみ方は冒頭はうじうじした主人公たちの葛藤にいつも心刺されながら、クライマックスの劇中PVで「よ!待ってましたー!」

言いたくなるそんな作品が多いんです。しかも、そのクライマックスが結構暴力的。

 

そんな今回は

最初から面白い・・・いや、楽しい・・・

どうしたの・・・?

 

いまどき珍しくオープニングある、なにより主人公うじうじしてない!イケメン!男らしい!ヒロインはいつも通りかわいい!話とってもわかりやすいけど、観終わったあとに観てない人には「早く映画館に行け!」としか言えない。

なにより劇中PVが多い!曲も歌もよく合ってます。

そういうのが人気に火がついただろうか。

 

秒速5センチメートルでは世の中の男子たちがこれ俺の話だよねとトラウマをかき乱されたのに

もはやファンタジー、SF。

 

新海監督らしいとこは見受けられるけど、半分ぐらい強力なサポートの力でいい意味で変わってしまったのは喜ぶべきなのか、悲しむべきなのか。

 

自分を押し通して作った『シンゴジラより、自分を制御した君の名は。の方が売れているというのが、なんとも映像サラリーマンとしてはちょっと切ない気分になりました。

 

f:id:oita88:20160924001407j:image

 

 

www.youtube.com

 

 

 

『さらば愛しき鉤爪』

映像化したい作品

f:id:oita88:20160924234810j:plain

最近読み返している本『さらば愛しき鉤爪』

ウィルスで吸血鬼になった人たちが人間を支配するディストピア映画のデイブレイカーの原作者の書籍でもあります(この映画はちょっと見方の違う吸血鬼世界が見られるのでオススメ)

 

そんな作者が書いている内容はずばり

恐竜ハードボイルド

 太古の昔から生き残った恐竜たちが密かに人間社会で生きてるという世界観。

新ジャンルすぎて最初読んだ時に面食らいました。

 

外出する時は人間のスーツ着て、出勤という映像にしたらシュールな絵面が想像できる。

 

主人公は私立探偵ルビオさん

見た目は中年男性だが、中身は立派なヴェロキラプトル

恐竜映画でよく主人公を追いかけてくるやつらが主人公。

相棒が謎の死をとげ、調査を始めると謎の組織から妨害にあい・・・

とよく見る感じの探偵モノ

だけど、ここに一振り恐竜というスパイスを入れたらどうだろうか

ふざけてる設定なのに探偵モノによく合う

ということは恐竜ってハードボイルドなの?みたいな気分になるが恐竜だからこそ見られるアクションとラブストーリー、恐竜同士の濃厚なベッドシーンまである!

現実の横にいるSF感がたまらない一冊です。

 

ちなみにちょっと古い作品なのでなかなか書店で見つかりません。

しかもこのあと2冊続編があるので早く読みたいし、映像化したい